篠山市A氏邸

【二地域居住・DIY】

6年前にまず944㎡購入、2年後に隣地714㎡を購入合計1658㎡(約500坪)をご自身で開拓され、業者に自己発注したり大工さんに手伝ったてもらいながら週末の土日を使い6年がかりで夢の実現をされました。そのフロンティアスピリッツには脱帽です。

そんなA氏に先日訪問させて頂いていろいろとお伺いしてきました。

Q1: 何故田舎暮らしに興味を持たれたのですか?

A氏: 55歳から終の棲家を探すつもりでいろいろ考えていたところ愛犬の遊び場所も兼ね備えてることを条件にしたら田舎になりました。

Q2: 最初から広大なプロジェクトだったんですか?

A氏: 最初は愛犬のドックランと小屋があればいいという言わばプライベートキャンプ場のようなものをイメージしていましたが、どんどん発展して母屋の建築に着手しました。

Q3: 今ままでの思い出に残るエピソードはありますか?

A氏: フェンスを作成中に1.5mの穴を掘り支柱の基礎を作っていたらその穴から出れなくなりました(笑)。夢中になってたんでしょうね。

Q4: これからの展望は?

A氏: 65歳の退職後できるだけ自給自足の生活をおくりたいですね。

現在は愛犬のドックランはもとより息子さんの趣味のサイクリングの基地としてもこの別宅をご利用されて楽しい日々を送られています。最後に私の感想ですが、A氏の雰囲気はまさに昔見た映画のジョン・ウェインです。大人の男がカッコよかったあの時代の方ですね。自分の好きなことを思い切り楽しむ人生は本当に素敵です。