篠山市 F氏邸

篠山市F氏邸 【二地域居住】

奥様のご実家が篠山市だったので、度々篠山を訪れるたびにこの地にご自身の隠れ家的二地域居住用の住宅を建築することを夢見ていたF氏、ご希望は都会では味わえないヌケ感のある風景と、周囲を気にしないで過ごせるロケーション。細長い売土地を購入し長野県佐久市の業者に依頼してユニットハウス住宅を製作。設置後エントランスやウッドデッキを製作してご希望通りの夢を実現されました。

Q、なぜ篠山市だったんですか?

  A、家内の実家があり度々訪れていたことと、現在居住中の大阪市住之江区から
    阪神高速 と173号線を使い1時間半で来れるアクセスの良さですね。

 

Q、こだわられた点は?

  A、やはり都会の喧騒から抜け出して癒し空間を求めているわけですから、風景の
    ヌケ感が欲しかったですね。 それと週末の仲間が集まってワイワイガヤガヤしても
    ご近所迷惑にならないロケーションが欲しかったです。

 

Q、ユニットハウス住宅をチョイスされたのは?

  A、耐久性とメンテナンス性、そして何よりコストパフォーマンスです。住んでみて
    わかったことですが、気密性も優れていて冬も快適ですね。外観からは想像できない
    居住空間が気に入ってます。