神戸市北区

 

北区(きたく)は、神戸市を構成する9行政区のひとつで、同市の北東部、六甲山の北側から西側に位置する。

1973年(昭和48年)8月1日兵庫区から分区された。分区当初の人口は116,739人であったが、宅地開発の進展により現在では約2倍に達しており、神戸市では西区に次いで多い。面積は神戸市全体の約44%を占める。神戸市の区の中では人口密度が最も低い。このため、一部のベッドタウンを除き、そのほとんどが農村、山林である。

神戸電鉄の沿線に沿って古くからベッドタウン化が著しく北区の人口増加は長期にわたり続き、さらには三田市にまで及んだ。バブル期の神戸市にはそれを見据えた再分区計画があり、その最有力候補は郡名から「有馬区」であった。しかしながら、現在でも面積のほとんどは山林農地が占める。

面積 240.30km²
(境界未定部分あり)
総人口 225,809
推計人口、2012年4月1日)
人口密度 940人/km²

最近の投稿

加東市南山の築浅田舎暮らし物件

写真をクリックで詳細ページへ

インターチェンジから車で3分の好立地。前面道路の向こう側は広大な公園で眺望良好。趣味のウォーキングやペットの散歩等に最適です。2015年築の築浅物件、オール電化住宅で、広々36帖のLDKは趣味の教室やアトリエ、店舗等に最適です。

 

  1. コウノトリが舞い降りる古民家 コメントをどうぞ