篠山市

 

篠山市(ささやまし)は、兵庫県中東部にある1999年4月1日に旧多紀郡篠山町今田町丹南町西紀町の4町が合併市制が施行されました。

篠山市の誕生に際し、「自治体合併による人口4万以上の市制」を全国で初適用、平成の大合併のさきがけとなりました。

兵庫県中東部に位置し、東西30km、南北20kmのやや長方形で、広さは377.61km²で県内第8位、兵庫県域の約4.5%を占めている。地目別にみると農地48.8km²、宅地8.36km²、山林207.63km²となっており、自然環境の豊かな地域である。古来京都への交通の要として栄えてきた歴史があり、町並みや祭りなどに京文化の影響を色濃く残している。そのため兵庫県でも旧丹波国に当たるため神戸より京都との方が結びつきが強い。気候盆地特有の寒暖差が顕著で冬季の寒さは比較的厳しく、は高温・高湿であり、いわゆる内陸性気候に属する。

面積 377.61km²
総人口 42,723
推計人口、2012年4月1日)
人口密度 113人/km²

最近の投稿

加東市南山の築浅田舎暮らし物件

写真をクリックで詳細ページへ

インターチェンジから車で3分の好立地。前面道路の向こう側は広大な公園で眺望良好。趣味のウォーキングやペットの散歩等に最適です。2015年築の築浅物件、オール電化住宅で、広々36帖のLDKは趣味の教室やアトリエ、店舗等に最適です。

 

  1. コウノトリが舞い降りる古民家 コメントをどうぞ