三田市

三田市(さんだし)は、兵庫県。豊かな自然で有名な田園都市である。神戸市宝塚市などに隣接し、阪神間のベッドタウンとして、一時期は人口増加率日本一になるほど人口が急増していたが、現在は落ち着いている。

兵庫県南東部、六甲山地の北側に位置する。かつては田園風景の広がる典型的な農村の様相を呈していたが、1980年代からの大規模住宅団地の開発と、JR福知山線の複線電化の利便性向上により大阪神戸衛星都市として急激な発展を遂げた。どちらかといえば大阪市との結びつきが強い。今日では農村と都市の二つの顔を併せ持つ田園都市となっている。瀬戸内海式気候に属すると言われるが、内陸部に位置するため気温の寒暖差は比較的大きい。

面積 210.22km²
総人口 114,169
推計人口、2012年4月1日)
人口密度 543人/km²

最近の投稿

加東市南山の築浅田舎暮らし物件

写真をクリックで詳細ページへ

インターチェンジから車で3分の好立地。前面道路の向こう側は広大な公園で眺望良好。趣味のウォーキングやペットの散歩等に最適です。2015年築の築浅物件、オール電化住宅で、広々36帖のLDKは趣味の教室やアトリエ、店舗等に最適です。

 

  1. コウノトリが舞い降りる古民家 コメントをどうぞ