西宮市

西宮市(にしのみやし)は、兵庫県南東部にある中核市保健所政令市の一つ。

阪神間の中間に位置する閑静なベッドタウン。2005年4月1日の推計人口で尼崎市を抜き兵庫県第三位の都市となり、同日に市制80周年を迎えた。

阪神甲子園球場の所在地で、かつてはプロ野球阪急ブレーブスの本拠地である阪急西宮球場(のちの阪急西宮スタジアム)もあった。市中心部に西宮神社(通称「えべっさん」)があり、毎年1月9日から11日十日戎が行われ、開門後に最も早く本殿に到達した人をその年の一番福に認定する「福男選び」の神事がある。

阪神間モダニズム文化圏の中央に位置し、周囲の各市とともに日本有数の高級住宅街として名高い。特に、西宮七園と呼ばれる地域をはじめ、阪急電鉄沿線には財界人文化人などの邸宅が多く建ち並んでいる。また大学、短大が十以上存在する文教都市でもある。1995年阪神・淡路大震災では大きな被害が出たが、中南部の阪急西宮北口駅周辺など市内各地で復興事業・再開発事業が進んでおり、阪神間の新たな核として発展することが期待されている。2006年6月12日には推計人口が47万人を超えた。

西宮市は兵庫県の南東部の阪神地域(神戸と大阪の中間地)に位置しており、南部の市街地からは大阪・神戸の両都心へ電車(JR・阪急・阪神)の利用により15分程度、北部の塩瀬地区からも電車(JR・※阪急)利用により30分程度で行ける大変便利な場所に位置している。

面積 99.96km²
(境界未定部分あり)
総人口 482,858
推計人口、2012年4月1日)
人口密度 4,830人/km²

 

 

最近の投稿

加東市南山の築浅田舎暮らし物件

写真をクリックで詳細ページへ

インターチェンジから車で3分の好立地。前面道路の向こう側は広大な公園で眺望良好。趣味のウォーキングやペットの散歩等に最適です。2015年築の築浅物件、オール電化住宅で、広々36帖のLDKは趣味の教室やアトリエ、店舗等に最適です。

 

  1. コウノトリが舞い降りる古民家 コメントをどうぞ